商品紹介

Syunwa Original

住む人と家に優しい住宅

Q1カット工法

Q1カット工法

24時間換気システム

24時間換気システム

家から熱が逃げない

家から熱が逃げない

※写真をクリックすると拡大表示になります。

春和「Q1カット工法」

春和「Q1カット工法」

自動車や家電に様々な性能値があるように、現在の住宅にも性能値があります。
その性能値の中にQ値というのがあります。
「Q値」とは…“熱損失係数”といって、室内外の温度差が1℃の時、家全体から1時間に床面積1m2あたりに逃げ出す熱量のことを指します。もちろん小さければ小さいほど、熱が逃げにくいので居住性能がいいと言うことです。

Q値について

Q値は、熱の逃げにくさを表しています。
室内の温度が屋外よりも高い場合、熱エネルギーは住宅の壁や天井(屋根)、床、窓や玄関など、あらゆる場所から逃げていきます。それを防ぐため、室内空間をすっぽりと包みこむように、断熱材で覆ってしまうのが断熱化です。断熱化には、いくつかの工法がありますが、基本的には人が使う室内空間を隙間なく覆うことです。
魔法瓶のようにすることで、少しの暖房エネルギーで家中が暖まるという訳です。温度の高低は反対になりますが、同じ原理で夏には外からの熱の侵入を防ぎ、冷房を効きやすくすることができます。

新しい住宅を建てるにあたって

次世代省エネ基準に適合する住宅を建てるには、「性能規定」である“建築主の判断基準”によるか、「仕様規定」である“設計および施工の指針”に沿って建てることになりますが、「Q値」を目安にした場合、同時に「気密性能基準」である“相当隙間面積の基準値”と“夏期日射取得係数の基準値”を、地域区分に応じて満たす必要があります。
これが「次世代省エネ基準に適合する住宅」の建て方です。
いずれにせよ、住まいの保温性能を表す「Q値」は住宅の省エネルギーにおいて最も重要な指標であると言えます。

Q1カット工法のメリット

売 電 買 電 差引き金額
平成27年1月 924円 16,441円 -15,517円
平成27年2月 2,940円 12,537円 -9,597円
平成27年3月 9,030円 10,766円 -1,736円
平成27年4月 17,220円 8,838円 8,382円
平成27年5月 26,082円 6,156円 19,926円
平成27年6月 21,168円 4,410円 16,758円
平成27年7月 25,914円 4,205円 21,709円
平成27年8月 19,023円 4,182円 14,841円
平成27年9月 18,900円 4,222円 14,678円
平成27年10月 18,144円 4,892円 13,252円
平成27年11月 14,910円 5,877円 9,033円
平成27年12月 6,006円 8,673円 -2,667円
合  計 180,261円 91,199円 89,062円
  • 建築地 秋田県にかほ市
  • 建築面積 86.52m2(26坪)
  • 延べ床面積 132.50m2(40坪)
  • 暖房方式 ヒートポンプエアコン(暖房エアコン)1階4kW 1台、2階2.8kW 1台
  • 給湯器 エコキュート 370L
  • 調理器 3口IH「トリプルワイド」
  • 太陽光発電 パナソニック 233シリーズ 4.66kw

寒い地方では暖房器具はなくてはならない必需品です。暖をとるにはさまざまな方法が出回っています。
エアコン暖房・蓄熱暖房・パネルヒーターやFFストーブなど数え切れないくらいの暖房方法があります。

  • 高額なパネルヒーターや蓄熱暖房機を導入する必要がなく暖房器具に対する初期投資が安く済みます。
  • 暖房エアコンだけで十分暖かくなるのでランニングコストを低く抑えられ、通常の省エネルギー基準の半分程度で済みます。
  • 超高断熱によりヒートショックを和らげられ、高齢者や小さなお子様が安心して暮らせます。
  • 初期投資が少なく、暖房費も気にならない家です。建てた後に安心して住める「Q1カット工法」の家を検討してみてはいかがでしょうか。